日本・トルコ友好秘話  


エルトゥールル号遭難事件 
1890年(明治23年)9月16日、トルコ皇帝ハミル2世が日本に派遣した特使一行は、エルトゥールル号にて帰路、暴風雨に遭い和歌山県串本町沖合で岩礁に衝突し遭難するという事故が起きました。

この事故で、特使を含む 518名は亡くなりましたが、死を免れた 69名は、地元民の手厚い救護により、一命を取り留めました。

この時村人達は、台風により漁が出来ず自分達の食べるものにさえ不足している状況でしたが、非常用にと飼っていた鶏までもトルコ人に食べさせ介護したそうです。
また遭難者の遺体を引き上げ、丁重に葬ったそうです。

この話は、和歌山県知事から明治天皇に伝えられました。
その後遭難者たちは明治天皇の命により日本の軍艦 2隻でトルコに送り届けられたそうです。


日本人救護にトルコ航空機 
イラン・イラク戦争が始まり 1985年(昭和60年)3月17日、イラクのサダム・フセインが「今から40時間後にイラクの上空を飛ぶ全ての飛行機を撃ち落とす」と言う事を世界中に発信しました。

イランには日本の民間企業職員やその家族が住んでいました。慌てた日本人はテヘラン空港に向かったが、どの飛行機も満席で乗ることが出来なかったそうです。

世界各国は自国の救援機を出して救出しましたが、日本政府(当時の内閣総理大臣:中曽根 康弘氏)は、救出をあきらめ、日本航空も乗り入れを断念すると言う事で、テヘラン空港に取り残された日本人は大パニックに陥った様でした。

その時、テヘラン空港に、トルコ航空機が飛来しました。
トルコ航空の飛行機は、政府に見放された日本人 216名を乗せて成田に向けて飛び立ちました。
タイムリミットの1時間15分前でした・・・。
なぜトルコ航空機が来てくれたのか日本政府もマスコミも分からなかったそうです。

 
本件について、元駐日大使は、「エルトゥール号の事故に際し日本人の献身的な救助活動をトルコ国民は、今でも小学生時代に歴史教科書で学び、皆知っています。それで今度はテヘランで困っている日本人を助けようとトルコ航空機が飛んだのです」ということだそうです。


トルコ北西部地震

1999年(平成11年)8月17日に「イズミット地震」、同年11月12日に「デュズジェ地震」が発生しました。
共にM7を越す大地震で死者は 1万8千人余、負傷者も約4万9千人でした。

我が国の支援として、人的援助は阪神淡路大震災の、救助活動経験者が派遣され、人命救助に尽力されました。
このほか、医療・ライフラインの復旧・緊急物資援助などと、プレハブ住宅メーカー社員を含む仮設住宅建設チームをサイトに派遣し、阪神淡路大震災で使用した仮設住宅も含め、無償提供する仮設住宅の建設指導を行い、建設技術も移転しました。仮設住宅供給戸数は、1,900戸(一部は自衛隊艦船による輸送)にも上りました。

トルコ共和国は大変な親日国です。10人中9人が日本のことを好きで、好きな外国のベスト3には日本が入ると言う国だそうです。

私達、日本人は無頓着なところがあるようです。もっとトルコ共和国を勉強しなければなりませんね。


 【トップページ】   【旅と温泉】   【トルコ16日間周遊】

inserted by FC2 system